>

精密機械技術者や研究者を志す上で向いている人の適正とは

日本の技術力が世界でも一番高い

わが国日本では多くの優秀な技術者や研究者を輩出しており、その高い能力はいまや世界一と呼ばれるようになり、現在は多くの技術者や研究者が世界各国で活躍しています。
こうした優秀な技術者や研究者を輩出している背景には、戦前から職人気質が強く勤勉な日本人の特徴が非常に高い技術を生み出し続け、さらには常に改革を目指す向上心が現在の日本の技術力を支えているものと思います。
そのためメイドインジャパンという言葉は一つのブランドとなり、世界の共通語として日本の技術力の高さを表す用語になっています。
現在日本の技術が使われているところは世界各国に及び、特に精密機器系は日本の技術なしでは成立しないといわれているほどです。

特に精密機械技術者や研究者に多い

日本の技術者や研究者の傾向は得意分野が精密機械技術者や研究者系に多く見られ、これは細かい作業やこつこつと研究を進めていく作業に日本人の特性があっているためではないかと思います。
実際、戦前は戦闘機や戦車など兵器の精密エンジンや船舶関連を得意にし、戦後は腕時計やトランジスタの発明、ラジオやテレビなどの家電製品にいたるまで日本は世界の市場を席巻し続けており、世界中に日本の製品は行き渡っています。
さらに現在に至るまで優秀な技術者を育成し続け、世界のトップを走り続ける日本の技術者達の努力には頭が下がります。
こうした伝統は受け継がれるべきものであり、昔の匠の技のように受け継がれていくべきものであると考えます。