>

数多く存在している日本の技術者や研究者達

日本は優秀な人材を輩出し続けている

基本的に日本の工業技術は昔から評価が高く、常に新しい技術と安定した品質を世に送り出しており、他の国では類を見ない優秀な人材の多さでも知られています。
太古の昔から日本人は手先が器用で、模倣することに長けておりそこから発想を広げていくことに優れています。
よって他国の技術をアイディアでオリジナルなものとして改良し世の中へ発信していくことに才能があるといわれています。
特に工業系に強みを持ち、明治時代ごろからの技術発展はすさまじいものがあり、現在の名声を築く元になっているかと思われます。
そしてよき指導者も育ち、後輩や新人にしっかりと技術を継承して分野を問わずに受け継いでいく、その能力の高さは他の国には見られないものです。

今日も日本は世界のトップリーダーである

このように日本の高度な特に精密機器分野での技術力は、日本の実力の高さを世界へ見せつけることなり、日本企業の海外進出の大きな原動力となって、数多くの企業が海外への進出を遂げています。
ヨーロッパやアジア圏での日本企業の強さはすさまじいものがあり、日本の工業製品の製造拠点は海外へシフトしています。
そしてそういった国への技術伝承にも日本の企業は力を入れていて、海外の従業員を積極的に雇用し技術を教えて育成している状態です。
特に精密機械の製造工場の海外への移転ふりはものすごく、優秀な技術者が海外へ赴任して日本の高い技術を海外の従業員に教えています。
優秀な人材が日本国内に多すぎるため、人件費の問題が生じてしまい、海外への拠点の移動という現象を生んでいます。